TOURING
中部地方ツーリングコース紹介

NEW

池の平ワンダーランド

池の平ワンダーランド

NEW

農事組合法人 池ヶ平牧場

農事組合法人 池ヶ平牧場

NEW

ニリンブヒン ドット コム(名古屋単友)

ニリンブヒン ドット コム(名古屋単友)



セントレア (愛知県常滑市)


空港島へ、大人の社会見学

スカイデッキの根元辺りから国内線の駐機場と、離陸していく旅客機を見る
スカイデッキの根元辺りから国内線の駐機場と、離陸していく旅客機を見る

セントレア(中部国際空港)は、24時間離着陸が可能な東海地方最大級の国際空港で、愛知県常滑市の沖合約1.5kmの伊勢湾海上の人工島にあります。バイクで行くには有料のセントレアラインで海を渡るしかないですが、名古屋グルメを堪能できるちょうちん横丁や、滑走路まで300mという近さのスカイデッキ、そしてボーイング787初号機の展示をメインとしたフライト・オブ・ドリームズなど楽しい施設がいっぱい。近場だし、寒い時期にふらっと遊びに行くのにぴったりのスポットです。


おすすめコース

名古屋からなら、R247で南に下り、東海市の西知多産業道路(R247/R155)を使って一気に常滑市までラン。そして多屋交差点で右折してセントレアラインに沿って西へ進んだら、りんくうICから有料のセントレアラインに入り、海を渡って空港島へ。セントレア東ICを降りて有料駐輪場にバイクを停めたら、ちょうちん横丁を散策したり、スカイデッキで旅客機の離着陸を見学したり・・・。フライト・オブ・ドリームズもチェックしたら、またセントレアラインを使って戻るというコース。片道約40km。


海の上を渡って空港島へ。遠くに管制塔が見える
海の上を渡って空港島へ。遠くに管制塔が見える

空港島へは有料のセントレアラインで

2005年に海上国際空港としてオープンした中部国際空港の愛称がセントレアなのですが、いまでは中部国際空港というより、セントレアと言った方がよく通じます。バイクで行くには有料のセントレアラインを使うしかないのですが、自動車専用道路なので125cc以下は不可。料金はセントレアラインのりんくうICからセントレア東ICまで、ひと区間でバイク160円です。なお、125cc以下のライダーなら、海岸近くのりんくう常滑駅の無料駐輪場にバイクを置いて、名鉄空港線でセントレアに渡る手もアリ(片道220円)。

和風に統一されたちょうちん横丁。スカイタウンで
和風に統一されたちょうちん横丁。スカイタウンで

バイクの駐車料金は1時間100円

空港島のセントレア東ICを降りたら、右手に駐車場ビル群を見ながら一旦周回路をぐるっと回って、中央付近にある二輪車駐車場へ。空港の巨大な施設に比べてあまりにも小さな駐輪スペースですが、駐車場管理事務所の脇なので安心してバイクを停められます。駐車料金は1時間あたり100円。バイクを降りたら、まずはアクセスプラザ2階に上がり、そのままどんどん奥へ。もちろん入場無料です。4Fのスカイタウンまで進むと、左手には洋風のレンガ通り、そして右手には和風のちょうちん横丁が広がっています。

誘導路をタキシングする旅客機も間近に
誘導路をタキシングする旅客機も間近に

日本の空港で一番滑走路に近い展望デッキ

とくに和風のちょうちん横丁はいかにも日本っぽくて、外国人にウケそうな雰囲気。味噌カツや手羽先といった名古屋名物の有名店が入っているので要チェックです。そしてスカイタウンの西端を出たところにあるのがスカイデッキ。滑走路に向かって突き出たこの入場無料の展望デッキがセントレア一番の見どころです。デッキ先端まで歩いていくと、滑走路まで約300mという近さ。伊勢湾をバックに舞い上がる機体や、着陸で白煙を上げるタイヤ、逆噴射の音など、間近で迫力あるジェット旅客機の様子を見学できます。


セントレアで見つけた
総ウッド張りのスカイデッキを歩いて滑走路近くまで行ける
総ウッド張りのスカイデッキを歩いて滑走路近くまで行ける
シアトルテラスでシアトル発のサンドイッチセット(968円)など
シアトルテラスでシアトル発のサンドイッチセット(968円)など
名古屋モーターサイクルショーも開催されるAichi Sky Expoも空港島に
名古屋モーターサイクルショーも開催されるAichi Sky Expoも空港島に


スカイデッキから見る離陸シーン。けっこうな頻度で離発着が行われている
スカイデッキから見る離陸シーン。けっこうな頻度で離発着が行われている

フライト・オブ・ドリームズは新しい見どころ

スカイデッキでたっぷりと離着陸シーンを堪能したあとは、セントレアの南側にあるフライト・オブ・ドリームズへ。ここはボーイング787初号機の展示をメインとした飛行機テーマパークです。2階と3階は入場無料で、2階ではボーイング787の翼の下で食事ができたり、3階からは、787実機と館内空間を利用した映像と音のショー(毎時15分と45分開演)がきれいに見えたりするのでおすすめ。昼食も、ボーイングのふるさとのシアトルの街を模した2階と3階のシアトルテラスで、本場の人気グルメなどが味わえます。1日いても飽きないセントレア・・・ライダーも大人の社会見学気分でぜひ。

2018年にセントレアにオープンした飛行機テーマパーク、フライト・オブ・ドリームズ
2018年にセントレアにオープンした飛行機テーマパーク、フライト・オブ・ドリームズ

Touring Archives

※アーカイブの内容は取材当時のものです。現在、内容が変わっている場合があります。

 

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年