NEW MODEL
国内4メーカーの最新モデル情報

NEW

SBS小牧

SBS小牧

NEW

株式会社ホンダドリーム中部

株式会社ホンダドリーム中部

NEW

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)

YSP名古屋西

NEW

カワサキプラザ名古屋緑

カワサキプラザ名古屋緑


NEW

ホンダドリーム名古屋守山

ホンダドリーム名古屋守山

NEW

ホンダドリーム東海

ホンダドリーム東海

NEW

カワサキプラザ名古屋みなと

カワサキプラザ名古屋みなと

NEW

ホンダドリーム岡崎

ホンダドリーム岡崎



4メーカー最新情報

Honda

2021年9月16日 更新

5速ミッションに進化した新型モンキー125

モンキー125

メーカー希望小売価格¥440,000(消費税10%込)

 

空冷4ストロークOHC単気筒123ccエンジンを搭載する原付二種レジャーバイク「モンキー125」が、5速トランスミッションを採用した新エンジンになって登場します(2021年9/27発売)。

 

今回、モンキー125に搭載される新エンジンは、ロングストローク化を図り、圧縮比を高めるなど、力強い走りを実現しながら最新の排出ガス規制に適合。また、前モデルの4速トランスミッションから5速トランスミッションに変更され、市街地走行からショートツーリングまで、さまざまなシチュエーションでレジャーバイクとしての操る楽しさが追求されているのが特徴です。また、足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する1チャンネルABSを標準装備。最高出力6.9kW(9.4PS)/6,750rpm。製造国はタイです。

 

お問い合わせ/(株)ホンダお客様相談センター/TEL0120-086819

 

 

Kawasaki

2021年9月17日 更新

「イエローボール」グラフィックのZ900RS SE、登場

Z900RS SE

メーカー希望小売価格¥1,606,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒948ccエンジンを搭載するレトロスポーツモデル・Z900RSシリーズに、新たなハイグレードモデル「Z900RS SE」が登場します(2022年春発売予定)。

 

Z900RS SEは、Z900RSをベースに、ブレンボ社製のフロントブレーキパッケージと、オーリンズ製のハイグレードリヤショックを装備し、より上質なライディングフィールとコントロール性をライダーに提供するハイグレードモデルとなっているのが特徴。小径のニッシン製ラジアルポンプ式マスターシリンダーとステンレスメッシュブレーキホースの採用もZ900RSとの違いです。また、ゴールドカラーのアウターチューブと、ゴールドカラーのホイール、そして往年のZ1を彷彿とさせる「イエローボール」をベースとしたグラフィックを採用しているのも注目点。製造国は日本です。

 

■お問い合わせ/株式会社カワサキモータースジャパン お客様相談室/TEL 0120-400819(月〜金曜日9時〜12時、13時〜17時 ※祝日・当社休日を除く)

 

 

SUZUKI

2021年7月21日 更新

新型GSX-S1000、欧州同等の仕様で登場

GSX-S1000

メーカー希望小売価格¥1,430,000(消費税10%込)

 

水冷4サイクルDOHC4バルブ直列4気筒998ccエンジンを搭載する大型ストリートバイク、新型「GSX-S1000」が登場します(2021年8/4発売)。

 

2015年に初代モデルが発売されて以来、スーパースポーツバイク・GSX-R1000のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした高揚感のある加速と、軽快な走りを楽しめるモデルとして好評のGSX-S1000。2代目となるこの新型は、エンジンの出力向上が図られ、電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載。より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立できるストリートバイクとして進化しているのが特徴です。アグレッシブかつ前衛的なデザインも新しい点。なお、新型GSX-S1000は2021年6月より欧州を中心に販売されていますが、今回の国内モデルも欧州同等の仕様・装備となっています。最高出力110kW(150PS)/11,000rpm、最大トルク105N・m(10.7kgf・m)/9,250rpm。製造国は日本です。

 

■お問い合わせ/スズキ株式会社お客様相談室 TEL0120-402-253

 

 

YAMAHA

2021年6月22日 更新

MT-09 ABSがフルモデルチェンジして登場

MT-09 ABS

メーカー希望小売価格¥1,100,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツ「MT-09 ABS」がフルモデルチェンジ。エンジン、フレームが刷新され、新技術が活用された軽量ホイールの初採用などで大幅進化して登場します(2021年8/26発売)。

 

2021年モデルとなる新しいMT-09 ABSは、最低肉厚1.7mmの軽量CFアルミダイキャスト製新フレームに、排気量がアップした新888ccエンジンを搭載。そして独自のスピンフォージドホイール技術による軽量アルミホイールや、新IMUを活用した運転操作を支援する各種制御が採用されているのが特徴。トルク感と加速感を表現したサウンドデザインや、感覚を刺激する新ボディデザインにも注目です。最高出力88kW(120PS)/10,000rpm、最大トルク93N・m(9.5kgf・m)/7,000rpm。製造国は日本です。なお、オーリンズ製リアサスペンションやダブルステッチ入りシート、塗り分け塗装のタンクが採用された上級仕様の「MT-09 SP ABS」も7/28に発売されます。

 

■お問い合わせ/ヤマハ発動機販売(株)中部営業所/愛知県名古屋市東区 TEL052-939-1780