NEW MODEL
国内4メーカーの最新モデル情報

NEW

SBS小牧

SBS小牧

NEW

株式会社ホンダドリーム中部

株式会社ホンダドリーム中部

NEW

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)

YSP名古屋西

NEW

カワサキプラザ名古屋緑

カワサキプラザ名古屋緑


NEW

ホンダドリーム名古屋守山

ホンダドリーム名古屋守山

NEW

ホンダドリーム東海

ホンダドリーム東海

NEW

カワサキプラザ名古屋みなと

カワサキプラザ名古屋みなと

NEW

ホンダドリーム岡崎

ホンダドリーム岡崎



4メーカー最新情報

Honda

2021年3月30日 更新

新型ロードスポーツモデル、GB350登場

GB350

メーカー希望小売価格¥550,000(消費税10%込)

 

空冷4ストロークOHC単気筒348ccエンジンを搭載する新型ロードスポーツモデル「GB350」が登場します(2021年4/22発売)。

 

車体は、スチールのしなやかさを引き出しながら、縦、横、ねじれ剛性をバランスさせたセミダブルクレードルフレームを採用。パワーユニットは、力強いトルク感と味わいを実現する、存在感のある直立シリンダーの空冷単気筒エンジンを搭載。そして、ワイドレシオのトランスミッションや、質量の大きなフライホイールの採用など、一回ごとの燃焼まで感じられるようなクリアな鼓動とともに、粘り強さを感じる特性になっているのが特徴です。また、路面状況に応じてエンジントルクを制御するHondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)が採用されているのも注目点。最高出力15kW(20PS)/5,500rpm。製造国は日本。なお、より積極的な走りをイメージさせるスポーティーなスタイルの「GB350 S」も7/15に発売されます。GB350 Sのメーカー希望小売価格は¥594,000(消費税10%込)。

 

お問い合わせ/(株)ホンダお客様相談センター/TEL0120-086819

 

 

Kawasaki

2021年3月24日 更新

アップデートされた新型ZX-10R、登場

Ninja ZX-10R

メーカー希望小売価格¥2,299,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒998ccエンジンを搭載する新しい「Ninja ZX-10R」が登場します(2021年5/28発売)。

 

今回アップデートされたNinja ZX-10Rは、優れた空力性能とダウンフォースを生み出す一体型ウイングレットを装備し、先進的なエアロダイナミクスを取り入れたカウル形状と小型ヘッドライトを組み合わせた次世代のNinjaスタイルが採用されているのが特長。また、ファクトリーマシンからフィードバックされた空冷式オイルクーラーや、エレクトロニッククルーズコントロール、スマートフォン接続機能を備えるTFTインストゥルメントパネルなどの先進機能が採用されているのも新しい点。最高出力149kW(203PS)/13,200rpm、ラムエア加圧時では156.8kW(213.1PS)/13,200rpm。カラーリングはフラットエボニー(Ninja ZX-10R)と、写真のライムグリーン×エボニー(Ninja ZX-10R KRT EDITION)の2種類です。製造国は日本。

 

■お問い合わせ/株式会社カワサキモータースジャパン お客様相談室/TEL 0120-400819(月〜金曜日9時〜12時、13時〜17時 ※祝日・当社休日を除く)

 

 

SUZUKI

2021年3月19日 更新

新型ハヤブサ、国内販売!

Hayabusa(ハヤブサ)

メーカー希望小売価格¥2,156,000(消費税10%込)/¥2,167,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒1,339ccエンジンを搭載するスズキのフラッグシップ大型二輪車・新型「Hayabusa」が登場します(2021年4/7発売)。

 

欧州・北米では2021年2月末から販売開始されているこの3代目Hayabusaは、国内では2014年に2代目モデルが発売されて以来、7年ぶりの発売となります。国内モデルは欧州と同じ仕様、装備に加え、専用装備としてツーリング時の利便性を高めるETC2.0車載器を標準装備。また、オーナーの好みに応じて外装色の組み合わせや前後ホイールのカラーを選択できる「カラーオーダープラン」がスズキとして初めて設定されているのも特長。カラーオーダープランでは、外装カウル3色、外装アクセントカラー3色、ホイール2色を組み合わせることができ、標準車体色3色を含む全18パターンの組み合わせが可能です。カラーオーダープランは¥2,211,000(消費税10%込)〜¥2,222,000(消費税10%込)。最高出力138kW(188PS)/9,700rpm、最大トルク149N・m(15.2kgf・m)/7,000rpm。製造国は日本です。

 

■お問い合わせ/スズキ株式会社お客様相談室 TEL0120-402-253

 

 

YAMAHA

2021年1月21日 更新

43年のロングセラーモデル、SRのファイナルエディション!

SR400 Final Edition

メーカー希望小売価格¥605,000(消費税10%込)

 

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒399ccエンジンを搭載する「SR400 Final Edition」が登場します(2021年3/15発売)。

 

1978年の初代発売以後、熟成と進化を重ねてきたSR400ですが、国内向けモデルはこれで生産終了。今回のFinal Editionは、歴代モデルを彷彿させるグラフィックパターンを採用したシンプルな「ダークグレー」と親しみやすく温もりを感じさせる「ブルー」の2色の設定です。スペック等に変更はありません。製造国は日本。また、職人の手作業によるサンバースト塗装が施されたフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、Final Editionが記された黒い文字盤のメーターなどを装備した「SR400 Final Edition Limited」も限定1,000台で同日発売となります。こちらはメーカー希望小売価格¥748,000(消費税10%込)。

 

■お問い合わせ/ヤマハ発動機販売(株)中部営業所/愛知県名古屋市東区 TEL052-939-1780