NEW MODEL
国内4メーカーの最新モデル情報

NEW

SBS小牧

SBS小牧

NEW

名古屋南カワサキ販売

名古屋南カワサキ販売

NEW

株式会社ホンダドリーム中部

株式会社ホンダドリーム中部

NEW

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)



4メーカー最新情報

YAMAHA

2017年12月5日 更新

BLUE COREエンジンを搭載して進化した2018年トリシティ、登場

TRICITY125/ABS

メーカー希望小売価格¥394,200(消費税8%込)〜¥432,000(消費税8%込)

 

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒を搭載する2018年モデル「TRICITY125」と「TRICITY125 ABS」が登場します(2018.1/20発売)。

 

フロント二輪オートマチックコミューターのTRICITY125/ABSですが、今回新たに4バルブ化され、可変バルブ機構を採用したBLUE COREエンジンが搭載され、最高出力、最大トルクともアップ。さらに燃費も向上しています。また、新エンジンとのマッチングを図った新設計フレームの採用で、高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保、足元スペースも広くなっています。その他、ツインチューブ式になったリアサスペンションや、130mm幅にワイド化されたリアタイヤ、15mmダウンのメインシート高、LED化されたヘッドランプ、新設された12V・DC電源ジャック付き小物入れなど、各部が進化しているのも注目です。製造国はタイ。

 

■お問い合わせ/ヤマハ発動機販売(株)中部営業所/愛知県名古屋市東区 TEL052-939-1780

 

 

Honda

2017年11月30日 更新

外観を一新してリード125登場

リード125
メーカー希望小売価格¥309,960(消費税8%込)〜¥313,200(消費税8%込)

 

水冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載する125cc原付二種スクーター「リード125」が外観を一新するとともに、仕様装備を充実して登場します(12/8発売)。

 

新しいリード125は、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトを採用するなどして、シャープで高級感のある外観に一新。さらに、フロントインナーボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備するなど、仕様装備も充実しているのが特徴。また、フロアステップ後部を左右合わせて30mm絞り込み、停車時に足を着きやすくする事で日常での使い勝手が高められています。もちろん平成28年排出ガス規制対応済み。なお、今回あたらにスタイリッシュなデザインを際立たせるツートーンのボディーカラー(写真)も設定されました。ツートーンカラーモデルのメーカー希望小売価格は単色モデルの3240円高。製造国はベトナムです。

 

お問い合わせ/(株)ホンダお客様相談センター/TEL0120-086819

 

 

Kawasaki

2017年10月25日 更新

名車Z1からインスピレーションを受けたZ900RS、12/1デビュー!

Z900RS

メーカー希望小売価格¥1,296,000(消費税8%込)〜¥1,328,400(消費税8%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒948ccエンジンを搭載するレトロスポーツ「Z900RS」が登場します(12/1発売)。

 

シンプルで洗練されたデザインが追及され、往年の名車Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバー、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまでこだわりが随所に盛り込まれているZ900RS。完全新設計の軽量トレリスフレームには空冷エンジンをイメージしてシリンダーヘッドにフィンが刻まれた水冷4気筒エンジンが搭載され、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。さらにカワサキトラクションコントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーが多数採用されているのが特徴です。ETC2.0車載器キット、ABS標準装備。最高出力82kW(111PS)/8,500rpm、最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm。製造国は日本です。

 

 

■お問い合わせ/株式会社カワサキモータースジャパン お客様相談室/TEL 0120-400819(月〜金曜日9時〜12時、13時〜17時 ※祝日・当社休日を除く)

 

 

SUZUKI

2017年9月20日 更新

GSX-Sシリーズ最小排気量、GSX‐S125 ABS登場

GSX-S125 ABS

メーカー希望小売価格¥354,240(消費税8%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載する新型125ccスポーツバイク「GSX‐S125 ABS」が登場します(10/11発売)。

 

ストリートスポーツバイク・GSX-Sシリーズの最小排気量となるGSX-S125 ABSは、高出力エンジンと軽量でコンパクトな車体で、初心者や若年層にも楽しめるエントリーモデルになっているのが特徴。GSX-Sシリーズ共通イメージの低く構えたアグレッシブなスタイリングや、前後17インチの大径ホイール、花弁形状のブレーキディスク、スズキ国内125cc二輪車初採用のABS標準装備などにも注目。また、スタータースイッチをワンプッシュするだけでエンジンが始動するスズキイージースタートシステムも装備。最高出力11kW/10,000rpm、最大トルク11N・m/8,000rpm。6速マニュアルトランスミッション、装備重量133kg。製造国はインドネシアです。

 

■お問い合わせ/スズキ株式会社お客様相談室 TEL0120-402-253