NEW MODEL
国内4メーカーの最新モデル情報

NEW

SBS小牧

SBS小牧

NEW

株式会社ホンダドリーム中部

株式会社ホンダドリーム中部

NEW

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)

YSP名古屋西(旧バイクショップOZT)

NEW

カワサキプラザ名古屋緑

カワサキプラザ名古屋緑


NEW

ホンダドリーム名古屋守山

ホンダドリーム名古屋守山

NEW

ホンダドリーム東海

ホンダドリーム東海

NEW

カワサキプラザ名古屋みなと

カワサキプラザ名古屋みなと



4メーカー最新情報

YAMAHA

2020年8月24日 更新

スタンディングアシスト付きのトリシティ300、登場

TRICITY300 ABS

メーカー希望小売価格¥957,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒292ccエンジンを搭載する新型LMW(リーニングマルチホイール)の「TRICITY300 ABS」が登場します(9/30発売)。

 

TRICITY300 ABSは、旋回時の優れた安定感や自然なハンドリングを生み出すLMWテクノロジーや、パワフルで環境性能に優れるBLUE COREエンジン、そして安定感としなやかな乗り心地を両立する新フレームなどにより、日常的な通勤・通学や都市の移動を安心感と快適性をもって行えるのが特徴。また車両の自立をアシストするスタンディングアシストがヤマハ市販モデルで初採用されているのにも注目。これはスイッチ操作によりLMW機構上部のアームに設置されたディスクが電動キャリパーでロックされ、車両の自立がアシストされる仕組み。停車時や押し歩き時に便利です。制動時の車体挙動を穏やかにするABSとUBSも装備。最高出力は21kW(29PS)/7,250rpm。製造国はタイ。

 

■お問い合わせ/ヤマハ発動機販売(株)中部営業所/愛知県名古屋市東区 TEL052-939-1780

 

 

Honda

2020年8月21日 更新

プロダクションレースを視野にCBR600RR復活

CBR600RR

メーカー希望小売価格¥1,606,000(消費税10%込)

 

高性能な水冷4ストロークDOHC直列4気筒599ccエンジンを搭載し、最新の電子制御技術や空力性能技術を採用して総合性能が高められたスーパースポーツモデル「CBR600RR」が登場します(9/25発売)。

 

CBR600RRは、市販車によるプロダクションレースのベースモデルとしての高いポテンシャルを持ち、日常においても楽しめるモデルとして開発。従来モデルからの特徴である、高出力かつ扱いやすい出力特性と俊敏なハンドリングにさらに磨きが掛かっているのが特徴。最高出力は89kW(121PS)/14,000rpm。また、車体姿勢推定システムが搭載され、ABSやHondaセレクタブルトルクコントロールとの組み合わせで、走行状況に応じた「操る喜び」を提供。走行状況やライダーの好みに合わせて走行フィーリングを選択できる「ライディングモード」が搭載されている点にも注目です。スタイリングでは、ウイングレットが採用され、空力性能技術を取り込んだスタイリングになっているのが新しい点。なお、別売りの純正アクセサリーにクイックシフターの設定もあり。製造国は日本。

 

お問い合わせ/(株)ホンダお客様相談センター/TEL0120-086819

 

 

Kawasaki

2020年7月17日 更新

250ccクラスに待望の並列4気筒・45馬力モデル登場!

Ninja ZX-25R

メーカー希望小売価格¥825,000(消費税10%込)〜¥913,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載する250ccスーパースポーツモデル「Ninja ZX-25R」が登場します(9/10発売)。

 

最大出力33kw(45PS)/15,500rpmを発揮するエンジン、官能的なエキゾーストサウンド、そのパフォーマンスを最大限に引き出すフレーム、アグレッシブなNinjaスタイリング、KTRC(カワサキトラクションコントロール)など数多く採用された先進のライダーサポートシステムを搭載しているのが特徴。サーキット走行性能の高さに加え、街乗りでの快適性を併せ持ったこのモデルは、エンジン回転数の上昇とともにライダーをその魅力の虜にします。メーカー希望小売価格は、スタンダードモデルのZX-25Rが82万5000円、そしてSEモデルのZX-25R SEと、ZX-25R SE KRT EDITIONがそれぞれ91万3000円の設定。なお、SEモデルはKQS(カワサキクイックシフター)、SB電源ソケット、ウインドシールド(スモーク)、フレームスライダー、ホイールリムテープが標準装備されています。製造国はタイ。

 

■お問い合わせ/株式会社カワサキモータースジャパン お客様相談室/TEL 0120-400819(月〜金曜日9時〜12時、13時〜17時 ※祝日・当社休日を除く)

 

 

SUZUKI

2020年4月16日 更新

スポーツアドベンチャーツアラー、Vストローム1050登場

Vストローム1050/Vストローム1050XT

メーカー希望小売価格¥1,430,000(消費税10%込)/¥1,518,000(消費税10%込)

 

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒1,036ccエンジンを搭載する大型二輪車の新型「Vストローム1050」と「Vストローム1050XT」が登場します(4/24発売)。

 

Vストローム1000の後継機となるVストローム1050は、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、出力を5kW向上しながら令和2年排出ガス規制に対応。また、SDMS(スズキドライブモードセレクター)や、トラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載しているのが特徴です。高さ調整が可能なウインドスクリーンや、アルミ製のテーパー形状のハンドルバーも注目。なお、Vストローム1050XTは、クルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、荷重や下り坂に応じてブレーキを制御するロードディペンデントコントロール、スロープディペンデントコントロールなどを追加搭載。そして、ワイヤースポークホイールやナックルカバー、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、シート高調整機能、LED式ターンシグナル、12Vアクセサリーソケットを標準装備している上級モデルです。

 

 

■お問い合わせ/スズキ株式会社お客様相談室 TEL0120-402-253