EVENT REPORT
中部地区の様々なイベントをレポート


Fujigasミーティング2018 With All Japan Trial IN キョウセイドライバーランド

2018年12月2日 更新


世界のフジガスと全日本トップランカーたちに教えてもらう 2018.12/1(土)開催

前日にスペインから帰国したばかりの藤波選手。大声で解説しながらの見本走行
前日にスペインから帰国したばかりの藤波選手。大声で解説しながらの見本走行

12/1(土)、愛知県岡崎市のキョウセイドライバーランドで「Fujigasミーティング2018 With All Japan Trial IN キョウセイドライバーランド」が行なわれました。6年振りの開催となるこのイベントは、2004年トライアル世界チャンピオンのFujigas(フジガス)こと藤波貴久選手と、全日本トライアル国際A級スーパークラス2018年チャンピオンの小川友幸選手をはじめ、同クラスのトップランカーたち9人からオフロードの走り方やトライアルのテクニックを教えてもらえるという夢のようなスクール。参加者は中部エリアを中心に全国から集まった36人。そしてこの貴重なスクールの様子だけでも見ようと集まったたくさんの見学者で会場は1日中賑わいました。


フジガスと9人のトップランカーたちが講師という贅沢
フジガスと9人のトップランカーたちが講師という贅沢

どんなレベルの参加者も対応OK

世界のフジガスと全日本トライアルのトップランカーたちが講師というのはあまりにも凄すぎ。もちろん参加者の多くはトライアル大会に参加したことのある経験者がほとんどで、自前のトライアルマシンを持ち込んでの参加でしたが、中にはセローやトリッカーといった市販オフロード車で参加したライダーも・・・。走りの基本を学ぼうとハスクバーナの250ccでやってきた愛知県安城市のライダーは「今日初めてトライアルを見ましたが、凄かったです」と、講師陣の走りを見てびっくり。そして、体重移動や助走のやり方などを丁寧に教えてもらって、最後は「チョー楽しかったです」と満面の笑み。トップランカーだからこそ、逆に入門レベルのライダーにもしっかり対応できるようでした。

小川選手にマシンを支えてもらって、バランスチェック
小川選手にマシンを支えてもらって、バランスチェック

全日本チャンピオンから指導

6年連続全日本トライアルチャンピオンの小川選手は入門クラス担当。ガレ場を登れない参加者にも優しく対応してくれ、まずはバランスの取り方など基本中の基本から指導してくれました。午前中の2時間ほどのスクールだけで一気に上達とはならなかったとしても、小川選手に直接教えてもらったということだけでも貴重な体験。また「冥土のみやげに・・・」と、愛知県春日井市からやってきた最高齢84才のトライアルライダーも、この全日本チャンピオンからしっかりとアドバイスを受けていました。冥土のみやげは冗談にしても、講師陣の凄さが分かるライダーにとってこのスクールは参加する価値大。

世界で戦うフジガスから貴重なアドバイスをもらう
世界で戦うフジガスから貴重なアドバイスをもらう

世界のフジガスの一言が効く

藤波選手は入門クラス、初級クラス、中級クラス、そして上級クラスをそれぞれ巡りながら、全員に目配りをしつつアドバイス。上級クラスのライダーには「僕ならここは3速で登ります。クリーンを狙って1速でひとつひとつの岩に合わせるより、減点1になったとしても勢いで行った方が登れます」と、沢からの岩登りを指導。すると、1速でも登れない自分では無理ではと半信半疑でやってみた参加者たちが次々にクリアできてしまい「これで引き出しが増えた」、「トライアル人生初の3速での登り!」と思わず感激の声が・・・。藤波選手も「僕はこれでずっと世界選手権をやってきましたから」とニコリ。中部選手権大会に参加しているような上級クラスのライダーたちにとっては、即レベルアップにつながるヒントがいっぱいのようでした。

午後から行われたデナシオン形式のチーム戦。講師に見守られながらトライ
午後から行われたデナシオン形式のチーム戦。講師に見守られながらトライ
昼食もクラスごとにまとまって講師と一緒に。午後からのチーム戦の作戦を練る
昼食もクラスごとにまとまって講師と一緒に。午後からのチーム戦の作戦を練る
スクールでは封印されていた真の実力を最後に解放。フジガスの熱い走り
スクールでは封印されていた真の実力を最後に解放。フジガスの熱い走り

次回の開催を期待して・・・

午後からは、クラスごとに担当講師とチームを組んで、デナシオン形式のチーム戦が開催。スクール参加者が藤波選手や小川選手などと同じチームで競技ができるという、これもFujigasミーティングならではの貴重な体験でした。いきなりの競技会、そしてチーム勝利のためにプレッシャーを感じながらドキドキでセクションにトライする参加者たちでしたが、トップランカーたちと一丸となって戦う体験までできて、終わってみればみな大満足。これは、雲の上のような存在だったチャンピオンたちとの距離がぐっと縮まった時間だったようです。

なお次回のFujigasミーティングは未定ですが、今後もぜひ続けて行きたいと小川選手から嬉しい言葉。次回の開催を期待して、リンク先のキョウセイ交通大学のサイト等をチェックしていてください。


  • 会場/キョウセイドライバーランド(愛知県岡崎市)
  • 主催/キョウセイドライバーランド(キョウセイ交通大学)
  • 協賛/(株)ホンダモーターサイクルジャパン、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)、中部モーターサイクルスポーツ協会(MFJ中部)
  • お問い合せ先/キョウセイ交通大学 愛知県岡崎市 TEL0564-47-2103