EVENT REPORT
中部地区の様々なイベントをレポート


バイクde夏まつり

2017年8月20日 更新


今年も開催、ライダーのための夏まつり 2017.8/19(土)開催

気になるモデルに乗って出発。会場で行われた国産&外車二輪の合同試乗会
気になるモデルに乗って出発。会場で行われた国産&外車二輪の合同試乗会

バイクの日の8/19(土)、愛知県豊田市の豊田スタジアム東駐車場で「バイクde夏まつり」が行われました。これはライダーやバイクに興味のある人に、もっとバイクの楽しさを知ってもらおうと愛知オートバイ事業協同組合青年部が毎年企画している恒例のイベント。6年目を迎えた今回は、会場を昨年のポートメッセなごやから再び豊田スタジアムへ移しての開催です。会場にはバイク販売店11社、用品店21社の色とりどりのテントやのぼりが立ち並び、お祭りムードいっぱい。イベントスタート前から続々と来場したライダーたちは、合同試乗会やリターンライダーライディングスクールに参加したり、最新モデルや特選中古車、そして二輪用品メーカーのブースをチェックしたりと、会場をあちこち歩き回って、たっぷりこの「ライダーのための夏まつり」を楽しみました。


子供とタンデムランで、さあ会場入り
子供とタンデムランで、さあ会場入り

ワクワクしながらまつり会場に到着

晴天となった豊田スタジアム東駐車場には、朝10時の開始前からたくさんのライダー達が集結。中にはキッズと二人乗りでやってきたり、家族揃ってバイクに乗って訪れたりするライダーの姿も見られました。そんなファミリーに人気だったのが親子バイク教室で、お父さんに手伝ってもらいながらキッズ達がPW50でライディングにチャレンジ。名古屋市中川区からやってきた8才の女の子は昨年も参加したということでかなりの上達ぶり。8の字走行をきれいにこなし「楽しかった!」と小さなヘルメットを取ってニッコリ。付き添いの父さんも「8年後にはライダーだな」と、目を細めていました。こうして将来のライダーが増えてくれることも、バイクde夏まつり主催者の大きな喜びなのです。

教習車のCB400SFに乗って、もう一度基礎練習を
教習車のCB400SFに乗って、もう一度基礎練習を

バイクに触れて楽しさを思い出す

また、リターンライダー向けのライディングスクールも行われ、久しぶりにバイクの楽しさを思い出した人も・・・。学生時代に250ccに乗ったきりという豊田市からやってきた参加者は、指導員からアドバイスを受けながらCB400SFで練習しているとカンが戻ってきて、笑顔で「なんか乗れそうです!」。あとは一緒にやってきた奥さんとの交渉次第、とのことでした。こうしたライディングスクールの合間には、トライアルデモンストレーションや愛知県警の安全運転デモも開催され、国際A級スーパークラスの久岡孝二選手の華麗なエアターンや、白バイ隊員の片手離しのスラローム走行などに来場者の目は釘付け。自分ではとても無理と思うと同時に、もっとライディングを磨いてみたいという気持ちもムラムラ。

会場を飛び出し、周囲の公道で試乗ができた
会場を飛び出し、周囲の公道で試乗ができた

あこがれのバイクを公道で試乗してみる

一番の人気イベントといえば、国産&外車二輪の合同試乗会でした。ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国産メーカーに加え、ハーレーやトライアンフ、BMW、ドゥカティetcといった海外メーカーの様々なモデルが用意され、豊田スタジアム近郊の3km弱のコースを先導バイクのあとに続いて試乗。名古屋市南区からやってきたCBR250Rのライダーは、気になる最新のCBR250RRに試乗して「やっぱりいいですね」。自身のCBR250Rとは全然違うその乗り味をかみしめていました。ドゥカティスーパースポーツに試乗したセローのライダーは「オートシフターがしっかり効いていて良かった」とインプレ。アフリカツインのDCTもいい感じだったそうで、最近のバイクの機能をしっかりとチェックしつつ、いつかは・・・という夢を膨らませていました。

久岡孝二選手と田中裕大選手がトライアルのデモを披露してくれた
久岡孝二選手と田中裕大選手がトライアルのデモを披露してくれた
愛知県警第二交通機動隊の白バイ隊の走りにも大きな拍手が・・・
愛知県警第二交通機動隊の白バイ隊の走りにも大きな拍手が・・・
親子バイク教室では将来のライダー達が初バイク体験
親子バイク教室では将来のライダー達が初バイク体験

来年の夏もまたバイク三昧の一日を!
来年の夏もまたバイク三昧の一日を!

会場ではバイク販売店や二輪用品メーカーのブースを見て回るのも楽しみのひとつでした。話題のニューモデルや厳選された中古車がずらりと並んでいたり、新製品のパーツやケミカルが即売されていたりと、ライダーなら目が輝いてしまうような展示がいろいろ。また、金魚すくいや風船割り、大道芸人のパフォーマンスにグルメ屋台などなど、夏まつりらしいシーンも満載で、終了の午後3時が過ぎても名残惜しそうに会場内を歩くライダー達のキラキラした目が印象的でした。毎年恒例となっているこの愛知オートバイ事業協同組合青年部のバイクde夏まつり・・・、来年もきっと開催されるはずなので、期待していて下さい。


  • 会場/豊田スタジアム東駐車場(愛知県豊田市)
  • 主催/愛知オートバイ事業協同組合青年部
  • お問い合せ先/愛知オートバイ事業協同組合 愛知県長久手市 TEL0561-63-9455