BIKE MUSEUM
歴史の中に埋もれているバイク達の博物館

NEW

ホッタサイクル

ホッタサイクル

NEW

ザ ヘッドカンパニー モーターサイクル プロダクト 

ザ ヘッドカンパニー モーターサイクル プロダクト 

NEW

中島モーター販売

中島モーター販売

NEW

四ツ葉モーターサイクル

四ツ葉モーターサイクル



HONDA ジャズ

2019年8月1日 更新


カブのエンジンで作られた傑作ミニチョッパー

横型エンジンをうまく取り入れたスタイル。プルバックハンドルも本格的だ
横型エンジンをうまく取り入れたスタイル。プルバックハンドルも本格的だ

ジャズ

・空冷4ストロークOHC単気筒エンジン・排気量49cc・最高出力4.0ps/7,500rpm・最大トルク0.43kg-m/6,000rpm・車重83kg・1986年モデルのメーカー希望小売価格¥199,000(税抜本体価格)


4馬力のスーパーカブ系横型エンジン搭載
4馬力のスーパーカブ系横型エンジン搭載

メーカー製ミニチョッパー

1986年に登場した「ジャズ」は、スーパーカブ系の横型50ccエンジンを搭載したミニチョッパー。原付離れした長いホイールベースに、前方に長く傾斜したフロントフォーク、そして美しいディアドロップタンクに低いシートでキメて、見事に原付ベースのチョッパースタイルに仕上げてありました。当時は走りを追求するレーサーレプリカモデルが大ブームだったため、傾向の違うミニチョッパーの登場はそれほどのインパクトはなかったですが、ジャズは良くできた原付だということは誰もが認めていました。

ミラードホイールと極太タイヤが雰囲気
ミラードホイールと極太タイヤが雰囲気

完成度の高いスタイル

クロームメッキカバーのリアショックや、同じくクロームメッキのバッテリーケースなど各部の質感も高く、リアのファットボブフェンダーもいい感じ。極め付きはリアのミラードホイールで、大排気量のアメリカンモデルでもあまり見られなかった凝ったデザインを採用。このままのスタイルで大きさを拡大しても、イカすチョッパーマシンに見えるくらい完成度が高かったです。ジャズは一定のファン層に支えられ人気をキープし、そしてレーサーレプリカブームが過ぎると、ジャズに興味を持つライダーも増加。

ティアドロップタンクも美しい造形
ティアドロップタンクも美しい造形

13年のロングセラー車

1995年にミニドラッガーのマグナ50が発売されましたが、ジャズはその後もラインナップされ続け、根強い人気を保ちました。結局、大きなモデルチェンジなしに1999年まで製造されたのですが、これはかなりのロングセラーと言っていいでしょう。そして、生産中止になる とまた人気が再燃。新車にはメーカー希望小売価格を超えるプレミアム価格がつくことも・・・。「価格が高騰する前になぜ手に入れておかなかったのか」と後悔するライダーもけっこういました。

小さいスティードといった迫力がある
小さいスティードといった迫力がある

これは傑作バイクだと思う

性能的には遅いし、トコトコと走るだけですが、カブのエンジンだけあってロングツーリングしても安心で、燃費も街乗りで45km/Lほどと経済的だったジャズ。なにより、ビッグバイクと並んでも引けを取らないほどの存在感が素晴らしかったです。改めて見直すと、スーパーカブのエンジンでメーカーがこんな本格的チョッパースタイルの原付を造ったということ自体、すごい。程度の良いジャズをいま見つけるのはかなり難しいですが、また乗ってみたいと思うバイク史の中の1台です。